賃貸の賃借権について

賃借権というのは借りていることを主張が出来ることの権利である。これを持って抵当権等が設定された場合にも対抗することが出来ます。しかしながら、賃借権の発生には貸主の合意の上で登記する必要があるため条件の設定としては難しいのが現状でした。そのため、借地借家法により物件の引き渡しを受け、使用を開始することにより設定の条件である、貸主の合意と登記をしなくても、借主として抵当権等の設定に対抗出来るようになりました。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 不動産の劣化と減価償却 All rights reserved